「 久しく待ち望まれた 救いの小道 」 への 御案内

日本人の救われるべき人々への 救いの情報 です

天の恩寵の国の滅亡ー腐り果てた国情ー資料より 結論 ー

四国中央市 妻鳥 新浜 1978 年

 
このたび
素晴らしい 癒しの油 = 聖心の油 そして
素晴らしい 救いの水 = ラファちゃんの水 を
全国の希望者の方に お分けできる事に なりました
希望者の方は 電話にて お申込み 下さい
電話番号は 0 8 0 ー 9 8 3 7 ー 1 7 0 7 です
電話にて 詳細を お話し 致します

このブログは
救われるべき 人が 救いの道 に 到達できるように
道案内を いたします
天の恩寵の 素晴らしい 救いの水 と 素晴らしい 癒しの油 を 伴って
救いの情報を 発信しています !!!!!!!

素晴らしい 天啓の響き を 放つ 声である 
「 ラファちゃんの声 」 に 聞く耳を もち
「 久しく 待ち望まれた 救いの小道 」 に 入る
数少ない 人々は 真に 誠に この上なく 幸 い ・・・・・・・
日本人の 救われるべき人々が 一人でも 多く !!!!!!! ・・・
「 久しく 待ち望まれた 救いの小道 」 に 入れますことを

 仙骨のロザリオ社の住所です
 郵便番号 7 9 1 -- 8 0 2 5
 松山市 衣 山 4 丁目 6 5 8 ー2 第 9 0 杉 フラット 5 0 6 号
 主宰 横 尾 章 信 ( 愛称 ラファちゃん )
 緊急連絡の為の 電話番号は
    0 8 0 ー 9 8 3 7 ー 1 7 0 7 です
 なお 郵便物は 極力 簡易書留 に して下さい
 ( 盗難を未然に防ぐ為です ) 
   Ave Ave Ave Maria Ave Crux
 
 
「首相案件備忘録」より すごい !!!
安倍内閣が ひた隠す 文書  !!!!!!!

 誰がウソをついているかは、すでに明らかではないか。

 斎藤健農水相は13日、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画について、愛媛県の職員が首相官邸で首相秘書官と面会した後に作成した「備忘録」が、農水省内で見つかったことを発表した。斎藤農水相は記者会見で、「調査の結果、職員1名が文書を保有していました」と説明した。

 備忘録には、当時の首相秘書官である柳瀬唯夫経済産業審議官が、「本件は、首相案件」などと述べたことが書かれている。柳瀬氏は面会の事実について「自分の記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはありません」と否定している。

 備忘録の存在が発覚したことで、国会は大荒れだ。安倍首相は衆院予算委員会で繰り返し追及を受けたが、「愛媛県が作成した文書については、コメントを差し控えたい」などと答弁を拒否。面会の事実を否定する柳瀬氏の資質について問われると、「信頼している」と述べ、一貫してかばう姿勢を見せた。

 だが、こういった“ゴマカシ”は、もう限界かもしれない。実は、15年4月2日の面会については、今治市にも職員が書いた「復命書」という名の出張報告書が残されているからだ。

 復命書の存在は、市民団体「今治市民ネットワーク」の村上治共同代表による情報公開請求によって一部明らかになっている。ただ、政府側の出席者の名前や面会の内容については黒字で塗りつぶされていて、全文は判明していたない。村上氏は、その中身についてこう推測する。

「復命書には、柳瀬氏や愛媛県職員が残していたメモと同様のものが残されている可能性が高い。出席者の名前には柳瀬氏の名前もあるでしょう。復命書は公文書であるため公開が当然で、そうなれば柳瀬氏の言ったウソが明らかになるはずです」

 だが、復命書の全文公開は、今治市が拒否している。むしろ、以前よりも情報公開に消極的な姿勢を示している。村上氏は言う。

「昨年11月14日に林芳正文科相が獣医学部の新設を認可したことで、16年12月に国が審議中であることを理由にほとんどを非開示としたことの根拠が消滅しました。そこで、あらためて情報公開請求をしたのですが、昨年12月に今度は全文が非開示になったのです。黒塗りの文書すら出てきませんでした」

 今治市だけではない。復命書の公開に神経をとがらせているのは、安倍政権も同じだ。

© dot. 衆院予算委で答弁する安倍晋三首相=4月11日 (c)朝日新聞社

 備忘録の存在が明らかになった13日、国会内で野党合同ヒアリングが開かれた。野党議員は内閣府の担当者に対し、今治市の職員に15年4月2日の面会の内容を詳しく聞き取るよう繰り返し要求。ところが、内閣府の担当者は「相手方に聞くかについては、考えさせていただきます」など、今治市へのヒアリング調査の実施について明言しなかった。

 だが、このまま逃げ切るのは容易ではない。

 村上氏は今年3月28日、復命書が非開示となったことを不服として、全面開示を求めて行政不服審査請求を出した。今後は、第三者民間人の学識経験者などで構成される審査会で、今治市が「非開示」とした理由が正しいかについて議論される。復命書の中身は「首相案件」と書かれた文書が公表されたことで非開示とする理由が薄れており、審査会が「開示」の答申を出す可能性もある。

 今治市の担当者によると、審査会の結論が出るまでは「3カ月から半年程度」が多いという。全文開示となれば、安倍首相はこれまで以上の打撃を受けることになる。村上氏は言う。

「いま、日本の政治の問題点を示している文書が、今治市という小さな街に保管されている。だからこそ、復命書は国民に必ず公開されなければならない」

 今治市には、書面で復命書を非開示とした理由をたずねたが、回答はまだ届いていない。

 安倍内閣が恐れる「もう一つの文書」が公開される日は来るのか。(AERA dot.編集部・西岡千史)


   ー 以上が インターネット上の情報から ー