gorugoda-7
  ー ゴルゴダの丘の 3 本の十字架 ー
 ー 以下 紹介記事 ー

尿療法、がん、風邪、あらゆる病気に!
自己抗原、 生命根源物質ソマチット!
名優・森繁久弥さんも実践…
癌免疫を改善して強化!
強力な「抗酸化作用」!

森繁久弥さんは
尿療法を実践した結果、高齢まで
矍鑠(かくしゃく)とした
生活を送られました。
 
 最も古く、しかし
いちばん新しい治療法である尿療法は、
「ただの風邪から末期ガンまで」、
すべての病気に効果があります。
それは尿が単なる薬物的な効果ではなくて、
生物が本来そなえている、
自然治癒力を活性化するので、
万病、特に現代医療では
不治、難病とされるものにも効果があるのです。
【尿療法のススメ】尿療法の実践方法  抜粋引用
■尿療法の実践方法
尿療法のやりかたは至って簡単です。
★毎朝1回、朝一番の自分のおしっこを
グラスに【100~200 cc 】ほど取り、飲む
これだけです。
ただし、 注意すべきポイント と
少しでも飲みやすくする
ためのコツ があります。
■注意すべきポイント
●自分の尿を飲む(他人の尿では効果がありません)。
● 新鮮なうちに飲む
 (時間が経てば雑菌がわきます。
   おおむね10分以内に飲んでください)。
●飲んだ後に口をゆすいでもいいが、
   うがいはしない
  (喉の奥を洗浄しないようにする)。
● 出はじめ、と 出し切りの尿は飲まない
(出はじめには雑菌が、
   出し切りには膀胱内の沈殿物が
    含まれているということらしいです)。  
飲みやすくするためのコツ
深呼吸をした後、息を吐ききってから飲む
いっきに飲みきり、そのまま口をゆすいでから、
しばらく口で呼吸をする。
あまりに変な味がしたときは、途中でやめてもいい。
慣れないうちは、
すこし薄めてもいい
(あんまり薄めると量が増えて大変になる??)
前日の夜にお酒を飲みすぎたり、
肉をたくさん食べたり、、
と食事や飲み物によっては味が苦くなったり、
何とも言えないまずい味になったりします
病気の症状によっても味は変わる可能性があります。
慣れるまでは50ccでも構いません。
また、尿を飲んだ後に
水を続けて飲むと 効果が 半減する と 言われます。
通常は、臭いを気にしなければ、
基本的に味はしょっぱいスープのようです。
ただし、
前日の食事や酒によって
朝一番のおしっこは不味くなります。
さぁ、勇気をもって最初の一杯をどうぞ。
*最初の飲尿のあと、
早ければ30分で下痢になることがあります。
私の場合は1時間後くらいに、
下痢になりましたが、
翌日からは通常の便に戻りました。
これは「好転反応」と呼ばれるもので、
からだが良くなり始める前兆のようなもので、
特に問題ないとされています。
個人的には 尿による
強力な毒素の体外排出作用が
早速  始まったのではないかと思っています。
久しぶりに再開したときも、下痢になりました。
やはり、体の中に不純物が溜まっていたのでしょう。 

米国では抗がん剤は癌を治さないと!
1980年代から…かえって癌を酷くする!
日本の癌治療は20年以上遅れ、
代替療法の普及は30年以上遅れている!
アメリカでは、国家的規模で
代替医療への取り組みが行われている!
日本の癌医療界は これを 一切無視してきました。
意図的に無視していたのです。
日本ではそれがいまだに続いており、
抗がん剤によって
多くの癌患者の生命が
日々蝕まれ続けているのです。
医者自身が癌になったら、
抗がん剤、三大療法は受けず!
命を賭けたギャンブル!食事療法・食養に走る!
抗がん剤治療は確率の悪い、
命を賭けたギャンブル!
効果有効例は、160人中たったの6人!
月刊宝島/
2500人以上のがん死に接してきた、
元消化器がん外科専門医・
現ホスピス科医の切実な警告!

生命の根源物質ソマチット!
日本 ソマチット活性研究~ソマチットとは

 ◆ 飲尿療法の1つ目の顔 【 人尿に含まれる『抗原』による「自己免疫の改善化」】
 人間の尿には、朝一番の尿に「その人のオリジナルの抗原」が含まれています。
 日中の “起きている時の尿(日中に活動している時の尿)” には、抗原がほとんど検出されないそうです。
 これは『睡眠中に、尿に抗原が溜まる』からだそうです。
 ですから、朝、目が覚めた時に、最初に出る尿の中にこそ「自分オリジナルの抗原」が含まれているのです。
 その「抗原の量」自体は少ないので、私としては「朝一番に出る自分の尿(自尿)はすべて飲尿したほうが良い」と思います。そのほうが確実に「自分オリジナルの抗原」をゲットできます(摂取できます)。
 身体は、この「自分オリジナルの抗原」を(経口摂取・皮下注射などで)体外から摂取すると、その抗原に対する抗体をつくり、自己免疫を再建して改善します。これを「自己免疫の改善化」と言います。
 癌患者さんの場合は、この抗原の中に「癌抗原」が含まれているわけです。
 その癌患者さんの尿には「その癌患者さんのオリジナルの癌抗原」が含まれています。
 この「自分オリジナルの癌抗原」を摂取すれば「自分オリジナルの癌抗体」がつくられ、自分自信の癌に対抗する癌免疫が形成されます。身体はこうして癌免疫を再建することで、自己の癌免疫を改善・強化するのです。
 癌患者さんの体内の癌細胞が死ぬと、
身体はその「癌細胞の死骸(癌の死細胞)」を分解して
尿に排泄します。
 この「癌細胞の死骸(癌の死細胞)」に癌抗原があります
(癌抗原は「癌細胞の膜上」にあります)。
 癌患者さんの尿に排泄される
“癌抗原のある「癌細胞の死骸(癌の死細胞)」の分解物” を
『飲尿療法』によって摂取すると
「自分オリジナルの癌免疫」が再建され、
癌治療で非常に重要な「癌免疫の改善・強化」を
果たすことができるのです。
◆ 癌の死細胞(癌細胞の死骸)を身体に投与すると、
癌免疫が活性化し、癌の発育を完全に抑える
 「理化学研究所」の癌研究報告では、
癌のマウスに「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を
皮下注射にて投与すると(摂取させると)、
癌免疫が活性化して強化され、
癌の発育を完全に抑えることができる、
と報告されています。
「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」は、
天然の「癌ワクチン」になるのです。
(ここは「癌の死細胞を食べ、癌免疫を活性化する
「新マクロファージ」を発見 -
効率的に癌免疫を誘導する
新しい免疫治療への応用に期待
【「理化学研究所」による癌研究報告 】」
記事を参照されてください)
 癌患者さんの尿には、
その癌患者さんオリジナルの(癌抗原のある)
「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」の分解物が
含まれていますから、
このご自分の尿を飲用すれば「癌ワクチン」となり、
癌免疫が活性化して強化され、
癌の発育を抑制することができるでしょう。
これが『飲尿療法』による
「天然の癌ワクチン療法」の意義です。
 ただ、尿中の癌抗原の量自体が少ないので、
尿中の癌抗原の量を増やすには、
私の提案する『自宅でIPT療法』をすれば、
尿中の癌抗原の量が増えるでしょう。
この『自宅でIPT療法』につきましては、
この「黄囲み部分」の最後のほうの【◆ 例えば、一つの提案】の項にてお話しさせて頂いています。
 世界で一番、癌を無くした先進国はハンガリーであり、
癌研究ではハンガリーが一番だそうです。
 そのハンガリーが癌治療において重視したのは
『免疫力を強制的に大幅に上げること』でした。
 ですから、癌治療において
「癌免疫を高めることは必須だ!」と思われたほうが良いです。
◆ 癌抗原は「血液」「体液」「尿」に含まれているが、
どれから摂取するのが一番楽か?
 ご自分の癌免疫を改善・強化するには
「癌細胞の死骸(癌の死細胞)」にある癌抗原を
(経口摂取・皮下注射などで)
体外から摂取するのが一番手っ取り早いです。
癌抗原さえ摂取してしまえば、
あとは、身体が勝手に自動運転で
「自分オリジナルの癌免疫」を再建してくれますので、
癌患者さんは癌治療で非常に重要な
「癌免疫の改善・強化」を果たすことができます。
 この癌抗原は、
癌患者さんの「血液」「体液」「尿」の中に含まれています。
 よく考えてみてください。
 毎日、ご自分の「血液」や「体液」を
身体から取り出して、すすりたいですか・・。
 「血液の派生物」である「尿」を
飲用したほうが遥かに楽じゃないですか・・・。
 尿は、腎臓で血液が濾された「血液の派生物」であり
「血液の兄弟」であって、ほぼ「血清」の部分です。
 例えば、指を切ったりして血が出た時、
思わず、その血を舐めますよね?
 医学的に見れば、「ご自分の血」を舐めることと
「ご自分の尿」を舐めることは、ほぼ同意なのです。
 もし「尿は汚物で汚い」と言うのなら、
それは「俺の(アタシの)血液は汚い」と言うのと同じです。
 尿が汚い人は、血液も汚いのです。
なぜならば、尿の本(もと)は血液だからです。

 尿の本(もと)は血液であり、
   血液の末(すえ)が尿なのです。
 尿は「血液が腎臓で濾された体液」に過ぎません。
 血液 ⇒ 腎臓で血液が濾される ⇒
腎臓で血液が濾されてできた体液(原尿)が
膀胱で一定量になるまで溜められる ⇒
尿道を通って外に飛び出て来た体液 ⇒
人間はこの体液を「尿」と呼ぶ、といった感じです。
 ご自分の尿を「汚いヤツ」と
小馬鹿にしている暇があるのなら、
尿が汚いのなら血液も汚いのですから、
早く食養で「血液浄化」を果たすべきです。
血液が綺麗になれば、尿も自然と綺麗になります。
 これを経験して実感さえできれば、
尿を汚物だとは思わなくなります。
 もし、本当にご自分の尿が「汚くて臭い」のなら、
それはご自分の血液が「汚くて臭い」からです。
この「本(もと:血液)」と「末(すえ:尿)」の関係を
忘れないでください。
そして、尿は「血液が腎臓で濾された体液である」
ことを覚えておいてください
 癌治療で必須である「癌免疫の改善・強化」を果たす上で、
以上の理屈が解かるのなら、
一番手っ取り早くできるのは
『飲尿療法』であることがご理解できるでしょう。
しかも、一切無料でお金がまったくかからないのですよ♪
 『飲尿療法』は、食養と併用して
「血液浄化」を果たしながら行なえば、まず安全です。
 癌患者さんの血液は汚れており、
この汚れた血液に カビ・細菌・ウイルス がウジャウジャいて、
この汚れた血液を占領している 細菌・ウイルス が出す
「特異なタンパク質」との化学反応により
癌化が 起こることが  癌研究報告で明らかとなっています。
 この視点に立って癌を見つめれば、
癌治療にはやはり「血液浄化」がどうしても必要である、
ということが解かるはずですから、
一番理想なのは『飲尿療法』+『食養』の組み合わせです。
 ご自分なりに食養をされている癌患者さんならば、
すでに『飲尿療法』はやりやすいはずですよ♪
 こうして、ご自分で癌の生還率を上げる努力をしていきましょう!
◆ 飲尿療法の2つ目の顔
【 人尿に含まれる『尿酸』による「抗酸化治療」「酸化還元治療」】
 そして、鈴森さんが当記事にてお話しされていますように、『飲尿療法』は「抗酸化治療」「酸化還元治療」にもなるのです。
人間の尿に含まれている『尿酸』は
ビタミンCよりも遥かに強力な「抗酸化物質」であり、
身体を強力に「酸化」する「悪玉活性酸素」の
『ヒドロキシルラジカル』を除去して
無害化する「抗酸化剤」「還元剤」です。
 癌患者さんは
「身体が酸化した結果として癌になっている」のです。
 癌患者であるならば、
大なり小なり「酸化体質」になっていますし、
酸化ストレスも高いことでしょう。
 身体の「酸化」を改善するためにも、
癌患者さんは『飲尿療法』の
「抗酸化治療」「酸化還元治療」としての効用を
ぜひ活かされてください
  結局、人間は、身体が「酸化」すると病気になるのです。
寿命を縮めます。
 この「身体の酸化」を改善すれば、
万病が改善されるわけです。
 「癌は身体が酸化した結果として起こる症状」ですから
癌治療には「抗酸化治療」「酸化還元治療」が必須なのです。

 癌は正常細胞には転移することができません。

 癌は、その細胞や組織が「乳酸」の蓄積によって生じている『乳酸アシドーシス』という「酸毒」に侵され、同時に「酸化」している場所でなければ、癌は転移することはできないのです。

癌は「酸化している細胞や組織」にだけ転移し、拡大していきます。

 ということは、癌が増大・転移している癌患者さんは身体が「酸化」しているから、癌が増大・悪性化・転移していくことができるのです。ですから、癌患者であるならば、この「身体の酸化」を改善せねばならないのは言わずもがななのですね。

 癌化の原因は他にもいろいろとありますが、この「身体の酸化」は特に重大な「癌化要因」です。

 癌患者さんはご自分が納得できる「抗酸化治療」「酸化還元治療」を必ず併用して、ご自分の「酸化体質」を改善していきましょう!

◆ 飲尿療法には科学的エビデンスがある!

 以上のことが理解できれば、癌治療における『飲尿療法』の価値が自然と理解できるはずなのです。

 癌治療で非常に重要なのが「癌免疫の改善・強化」と「身体の酸化を改善すること」の2つです。

 『飲尿療法』は、以下でお話ししています基本的ルールさえ守れば、この2つを同時進行で果たすことができるのです。

すでに『飲尿療法』には、こうした科学的エビデンスがあるわけです。

 これが理解できない人は、頭がどうかしています。
 ご自分の意識が文明病に侵されて自然観を失っているか、たぶん、理解する気すらないのでしょう。

 世間には『飲尿療法』のことを「説」だとか「嘘」だとか言う先生も結構おられます。

 そういう先生は、以上のような『飲尿療法』の中身が分かっていないだけなのです。

 『飲尿療法』の価値を何も知らないくせに、『飲尿療法』を「説」だとか「嘘」だとか抜かして小馬鹿にし、物事を知った気になっているだけの先生です。そういう先生は、よほど自然観が欠如し、医学の教科書しか知らず、得意なのは暗記だけで、自分の頭で考える力がまったく無いのでしょう。

不憫ですが、自分の頭で考える気すらない・・、自分の頭で考えることさえ知らない・・、「実は、自分が何も考えていなかった」ということにすら「自分で気づいていない」のかもしれません・・・。ここまで来ると、もうお手上げです・・・。ホント、超ご愁傷様です・・・(涙)

 私は個人的に、その人が(その先生が)『飲尿療法』を理解できるかどうかで、その人に(その先生に)自然観があるか、物事の理解力があるか、考える力が本当にあるか、これらを観ます。『飲尿療法』の価値すら理解できない




尿療法の全てを開示します!!!!!!!!日本がん難病サポート協会名誉会長Dr佐野千遥 |フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター佐野千遥教授  抜粋引用

尿療法、がん対策として飲尿が非常によく効く事は、言を待たない。物理的生命体(生命根源物質)ソマチット

がん対策として飲尿が非常によく効く事は、言を待たない。物理的生命体ソマチット(=S極磁気単極子)を含む尿が外気に触れると尿酸が尿酸オキシダーゼ活性を獲得し、ビタミンCを生成し、生命の生命たる由縁である負の誘電率・負の透磁率を実現する為のコラーゲンを生成し、強力な免疫力を現出させるからである。その場合、同時に高体温を維持する為に、米の飯を食べた後、生姜、玉ねぎ、そして少量のニンニクをミキサーで砕いて飲みこみ、又、オレイン酸のオリーブ油をプレーン・ヨーグルトに混ぜて飲みこむ事、風呂に入る事、競歩、重い木刀の素振り等の運動も並行的に実践すると良い。

こうしていれば、風邪やインフルエンザは如何なるものにも罹らない。私自身1980年来35年間、如何なる予防注射も拒否して一切風邪やインフルエンザに全く罹っていないし、1980年来35年間、医者に掛かった事は一度も無いし、西洋医学の薬を呑んだ事も一度も無い

喉や扁桃腺が少々痛くなって来たら、尿で嗽(うがい)をすれば治ってしまう。

歯槽膿漏、歯周病、口内炎は飲尿療法をしていれば、治ってしまうが、若し飲尿までは出来ないと考える人も、口を尿で濯げばなおってしまう。

飲尿療法をして、且つ口を尿で濯ぐ習慣を持っていれば、虫歯に成らず、例え古い虫歯が加齢とともに欠けて来ても痛まない。

蓄膿症は、先に説明した嗽をする場合と同じ要領で、或る一定分量尿を口に含んでおいて、深く深くお辞儀をして頭を床に垂れたところで、右または左の鼻の孔を指で押さえながら息を吐くことにより、鼻孔の中を奥から洗浄して蓄膿の脳を流し出す。左右両方を遣る。その際、下に受け皿を置くのと、使っていない方の手にはチリ紙の小片を持っていて、お辞儀を止めて正立した時に鼻孔から下に流れ落ちる滴を拭う。

尿は外気に触れると尿酸オキシダーゼ活性を獲得し、ビタミンC生成→コラーゲン生成をするので、肌に塗ると、美容効果が有る。永年のシミ、ソバカスが消える、日焼けした肌の色が白くなる。

頭皮や鬚に塗ると、白髪が黒髪、黒い毛に若返る。

眼を毎日、尿で洗浄し、野菜を大量にミキサーで砕いて飲みこんでいれば、白内障、緑内障を避け、視力の低下を避ける事が出来、眼鏡を必要とせず、高齢でも眼鏡を掛けずに新聞や本を読み続ける事ができる。

尿を皮膚に塗ると、即効的な痒み止めの効力が有る。それは虫刺されであろうが、タムシ(カビ類)であろうが、である。蜂に刺された時には痛み止めにもなる。

美容効果だけでなく、あらゆる皮膚病、外皮に近い所に出来た出来物に効く。

しつこいタムシ、帯状疱疹、皮膚がんは尿により、次のように対処すると良い。

ティッシュペーパーまたは脱脂綿に尿を浸して、タムシ、帯状疱疹、皮膚がんに塗り、まだ濡れているうちに遠赤外線ヒーターを近付けて患部の表面にテラヘルツ波を浴びせかけることにより、タムシ菌、帯状疱疹ビールス、癌細胞は破壊される。

また本物の遠赤外線のテレヘルツ波を発する機器で、尿療法励行中の体内まで照射すると、尿中のソマチット(=S極磁気単極子)が活性化されて、体内の癌細胞を破壊し、また中性子を体内から発する原爆症[註]も身体に害を及ぼさないようにする事が出来る。

[註]:私・佐野千遥は1986年6月にチェルノーブイリ原発事故の時に被曝して以来、手の平が未だに原爆症で放射線を発しているが、癌は再発せず、現在も完全なる健康体である。2012年福島原発立ち入り禁止区域を歩いた靴の裏よりも、手の平の方が高い放射線量を示した。

尿療法に於ける飲尿の分量は、例え癌患者たりとも、
1- 黄金比 =1- 1.236/2 = 0.382
を超えてはならない。それは痛風を避ける為である。

痛風に成ってしまっている方は、次のように対処する事をお薦めする。

蛋白質は牛乳プレーン・ヨーグルトとチーズ(乳は細胞を殆ど含まないのでDNAを殆ど含まず、尿酸を発生せず、低プリン体食品である)からのみ摂取する事とし、肉、魚、豆類(豆の一粒一粒は既に多細胞である)は、大量のプリン体をふくんでおり、尿酸値を上げ、痛風を加速するために、避けるべきである。

またヨガ・自己催眠術で、鼻から「清らかな空気を吸って、真っ黒い老廃物と毒素を口から排気し」、「腕が重い、腕が重いと自己催眠する」事により、腕等、身体のあらゆる関節が弛緩すると、痛風の治りが速くなる。

ヨガ・自己催眠術が古い脳を活性化し、身体のあらゆる関節が弛緩する働きを持つのは、普通ビタミンCを生成できない人類の進化過程自体が、痛風なる病を重大な病気の一つとして認識している事を意味する。

ヒンズー教の経典には尿療法を実践すると何日目に何か月目に身体に起こる変化が詳しく述べられているが、10ヶ月励行すると頭が良くなると有る。これは脳蛋白コラーゲンを尿が創り、ソマチット(=S極磁気単極子)が活性化すれば脳細胞分裂を惹起するからである。

蛋白質は牛乳プレーン・ヨーグルトとチーズからのみ摂取する生活とし、飲尿療法を分量
1- 黄金比 = 0.382
を順守して励行し、尿塗布、尿による口漱ぎ、尿による喉の嗽(うがい)、尿に依る鼻孔の洗浄を励行するならば、高齢になっても、身長が減らず(軟骨が強力還元剤尿酸によりコラーゲンを提供されて細胞分裂する)、あらゆる病を避け、若さを保ったまま、健康に生活する事ができる。




「医療ビジネス」という商売に狂奔する現代医療 【尿の中には、身体の末端でホメオスタシスと免疫力を支えるエイコサノイドが相当量含まれている】 : 癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

1980年来、風邪一つ引いた事無く、チェルノーブィリ被曝癌発症は尿療法で完治!
 
【「フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター佐野千遥教授」より 】

 資本主義活動が必然的に作り出した健康に対するこういった害に対し、現代医学は警告する事も警鐘を乱打する事も全くありません。

いや、それは、医療が業と見逃すこのような毒物が原因で、多くの人達が知らぬうちに病気になってくれないと、病院やクリニックが繁盛しなくなるからではないか?

これも、資本主義の弊害ではないかと穿った考え方をするのも、あながち思い過ごしではない循環サイクルが機能しているのではと自問してしまう毎日です。

 昔は、医学とは人の病を治し人の命を救う職業と信じられ、今日でもそう信じている人達が少なからずいらっしゃるのですが、今日、多くの医者は、自分の名誉のため、他の病院・クリニックと競争するため、病院・クリニックの売り上げを伸ばすため(金儲けのため)なら何でもやる、やりかねない精神状態にあると言って過言ではありません。

 そして、そもそも医学とは科学ではありません。薬を投与している間だけ症状が軽減するような事しかできない医学とは、科学ではありません。

彼等が中高年の患者に対して使っている医薬品は、効用1に対し、副作用100の医薬品がほとんどです。ご注意ください。

現代医学は、人体が一日に使っているエネルギー総量を25分の1に計算違いしています。

実は、その25倍のエネルギーを使って健康を統括している免疫系のエイコサノイド、ディフェンシンの働きを、

錯覚した現代医学は完全に侮(あなど)っており、医薬品により免疫力を弱めたり殺したりする誤りに陥っています。

 現在、病院やクリニックで広範かつ大量に使われている医薬品の主だったものの副作用を示して見ましょう。

 自称、利尿剤のアルダクトン・ラシックスは、統合失調症(発狂)の副作用があります。

胃潰瘍患者用の食欲増進剤とされるアルサルミンは大量のアルミニウムが含まれており、アルツハイマーを急速に進行させます。

アミノ酸点滴剤の中、成長ホルモン直前物質であるアルギニン入りのものを癌患者に投与すると、初期癌が瞬く間に巨大化し、腹膜播種も引き起こします。

血液をサラサラにすると称して投与するバイ・アスピリンは、強力に胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こす副作用があります。

そのようにして知らない内に胃潰瘍にさせられている貴方に、医者は決まって胃潰瘍で血液を失うから貧血剤・増血剤として、酷い時にはフェロミアという鉄剤の劇薬を、そうでなくてもインクレミンという鉄剤を投与します。フェロミアとは若い人でも週に1回以上飲めば身がもたないくらいの劇薬です。

何が劇薬かと言うと、胃潰瘍に罹っている人がフェロミアを飲まされると、度々の大量出血が胃腸から起こります。

そして、フェロミア、インクレミン、いずれもそれを飲み続ければ、胃潰瘍を胃癌に発展させます。

 現代医学は尿療法を「民間療法」と口を極めて扱き下ろしますが、

実は、尿の中には身体の末端でホメオスタシス

(平衡が崩れた時、平衡を回復する機能)と免疫力を支えるエイコサノイドが相当量含まれています。

ですから尿療法とは、抵抗を感じる方々が多数いらっしゃるとは思いますが、現代医学全体と対決するくらいの奥の深い治療法です。

 森繁久弥さんは尿療法を実践した結果、高齢まで矍鑠(かくしゃく)とした生活を送られました。




35年間、風邪一つ引かず、被爆癌を自力で完治した、日本癌難病サポート協会名誉会長「佐野千遥」教授の健康法! 【生菜食・飲尿療法の内容を常識として含んでいます♪】 : 癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

ケベック系カナダ人の「ガストン・ネサン」博士が最初、血液中に大量に存在する事を発見した「ソマチット」については、現在、休会になっていますが、「日本ソマチット学会」という “医者の研究学会” も存在しており、「ソマチット」とは「物理的生命体」であるとの学説を私・佐野千遥は発表している。

 なぜ(「ソマチット」が )「物理的」であるかと言うと、「ソマチット」は、

  ● 強酸に浸けても死なない。
  ● 強アルカリに浸けても死なない。
  ● 高温にしても死なない。
  ● 数千万年前の貝殻の化石の中から、のこのこ出て来て活動を再開する。
  ● 生命体ではあるが、そもそも DNA を持っていない。

 からです。

生命の根源物質ソマチット!/日本ソマチット活性研究~ソマチットとは


 私・佐野千遥は、「ソマチット」とは地球上の生命発生時に働いたS極磁気単極子が生物的衣を羽織って進化したものであって、

そのS極磁気単極子はS極磁気単極子の集合体である太陽の黒点から地球上にやって来た、との学説を唱えております。

 尿には血液中の「ソマチット」が大量に流れ出るが、「日本ソマチット学会」も、

その(「ソマチット」が含まれている )尿をフィードバック(feedback:帰還)する(尿に含まれている「ソマチット」を、

飲尿することによって再び体内に戻し、体内の「ソマチット」量を増やす)のだから『尿療法』が効果を持つのだと言っている。

(この「ソマチット」については、現在の「千島学説」でも焦点が当てられており、

「千島学説がソマチットと関係していると判断する」と言われています。

「ソマチット」は人間の病気や健康に大きく寄与しており、体内の「ソマチット」量が多ければ健康を保ち病気になりづらいが、

体内の「ソマチット」量が少なくなると癌などの病気になりやすくなる、との見解が示されています。

 「ソマチット」は「尿に排泄されている」ようですが、「ソマチット」がなぜ「尿に排泄されてしまう」のかと言いますと、

「ソマチット」は “劣悪な環境” が大の苦手で、血液が汚れているなど人間の体内環境が劣悪になると「ソマチット」はそれを嫌がり、排尿を通して “劣悪な体内環境” から逃亡するそうです〔笑〕。

ですから、「ソマチット」を多く体内にとどめておくには、基本的には「食養による血液浄化・体内浄化なくして、それは叶わない」ということです。

 この「ソマチット」の視点からも『飲尿療法』には「ソマチット」のフィードバック〔feedback:帰還〕的な有効性があるのでしょうけれど、

やはり「食養による血液浄化・体内浄化」を基本に置き、食養が伴なわれている “清浄な体内環境” の下において成り立つことです。

食養を実行せず、血液が汚れている “不浄な体内環境” のままでいて、

それで排尿を通して尿に逃亡した「ソマチット」を『飲尿療法』でフィードバック〔feedback:帰還〕して体内に戻したところが、

これが一体、どれだけ根本治療になり得るのかを考えてください。

 この科学の時代、『食事が人体を育てる』というのは、もはや、当然至極なる “揺るぎない事実” です。

癌治療においても、食養〔食事療法・栄養療法〕は必ず、ご自分なりに基本に置くべきです。


 

ソマチット/日本ソマチット学会の公式サイトで提示されている主な仮説と主張は以下の通り/Wikipedia
日本ソマチット学会の公式サイトで提示されている主な仮説と主張は以下の通り[2]。
不死と原子変換編集

ソマチットは(通常環境では)不死の生命体である。
ソマチットは地球上最古の原始生物である。
ソマチットは2500万年前の化石内部に生息していた。
ソマチットは細菌でもウイルスでもない別の生命体で、DNAの前駆物質である。
ソマチットは原子変換(生物学的元素転換)を起こす。
ソマチットは非常に高い知性を持ち、塩酸の中で殻を造れる。
ソマチットの原理により、サルの脳みそを食べると頭がよくなる。

ソマチットと癌編集

ソマチットは癌細胞ができると避難行動を取る。よって発症を予測できる。
ソマチットは癌患者の血液中にはまったく存在しない。
ネサンの開発したソマチットの原理による癌抑制剤には驚異的な効果がある。
ソマチットは(牛山によれば)ガン免疫菌である。
ソマチットの原理による牛山のガン抑制剤SICは驚異的効果がある。
ソマチットの培養は50年以上前に成功した。

尿療法の原理編集

ソマチットを白血球は抗原と認識しない。すなわちソマチットは白血球以前の基礎免疫である。
ソマチットが元気になれば、免疫力はあがる。
ソマチットは人体内の環境が悪くなると尿に混ざって体外に逃げ出す。もしくは血小板や赤血球内に逃げ込んで殻を作る。
ソマチットの原理によれば、元気になるには水素濃度の高いマイナスイオン水を飲むとよい。
ソマチットの原理は尿療法を説明できる。すなわち、逃げ出したソマチットにもう一度体内で働いてもらうという意味である。
ソマチットは人間の生き方を変えることができる。




米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! ガン死亡者を減らすことにアメリカは成功しつつある!日本では、国際的レベルにくらべて、抗ガン剤は 20倍、手術は 17倍も多い。米国で売れなくなった抗がん剤(ガン利権)の販売先が、全て日本になっている!/米国は「代替医療」の比重を高くすることを、国家プロジェクトとしておこなったためのようです。

抗がん剤は癌を逆に多発化させる!日本は欧米で売れなくなった抗ガン剤の在庫処分場!日本の癌ビジネスは、世界的に見ても最凶最悪の醜悪なビジネス!ガン患者に、絶望と不安と激痛と死を与えるビジネスなのです。/重曹や味噌、緑茶などで予防、再発予防…!/アメリカ食品医薬品(FDA)は、古い抗がん剤を禁止しています。

米国では抗がん剤は癌を治さないと!1980年代から…かえって癌を酷くする!日本の癌治療は20年以上遅れ、代替療法の普及は30年以上遅れている!/アメリカでは、国家的規模で代替医療への取り組みが行われている!/日本の癌医療界はこれを一切無視してきました。意図的に無視していたのです。日本ではそれがいまだに続いており、抗がん剤によって多くの癌患者の生命が日々蝕まれ続けているのです。

ドイツのTV局/日本国民は、放射性廃棄物と同レベルの汚染された食物を食べている!日本国民は騙されたまま! 日本:食べて応援!国民皆殺し政府。台湾:放射能から国民を守る政府。


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!


癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!原爆・放射能にも勝った味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌など。ガン予防、再発防止にも「みそスープ」ダイエット、便秘、美肌にも/そして「緑茶」国立がん研究センター発表、緑茶1日5杯で死亡リスク低くなる。

緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!

乳ガンの原因の一つも、砂糖、白米、パン、麺類、スイーツ等、血糖値を急激に上げる食習慣!晩婚、少子化… そして放射能…!⇒食べる順食事で血糖値の急激な上昇を和らげられます。南雲吉則・乳腺専門、ナグモクリニック総院長

菓子パンは超危険!人体が危機的被害…血糖値が乱高下!栄養ゼロで高カロリー!糖尿病、がん、生活習慣病…/食事が菓子パン、ケーキなど、大甘好き、炭水化物好きの人は要注意!子供たちのスポーツチームに怪我が多いのも栄養・食事に問題があるのかもしれない!

がん細胞~牛乳の功罪「がん細胞を活性化」牛乳は本当に、よくがんを育ててくれる!乳癌と乳製品と糖質の乳癌と乳製品と糖質の過剰摂取…そして放射能と原発再稼働!

インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな【危険】発がん性物質…薬事法上の劇薬です!国民は騙されている… -/ 医者がよく言うセリフに、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済む。まったく科学的根拠のない発言です。インフルエンザは、風邪じゃないともいわれていますが、風邪です。どれだけ効かなくて、国民を騙しているか…!

   以下 省略

3gouki-kakubakuhatu-1
   ー 福島原発 3 号機の 核爆発 ー
黙示録の末世の現在 隠されてきた 真実を 知るべき時です !!!
    Ave  Ave  Ave  Maria    Ave   Crux